分类
外汇稳定盈利方法

MT4上的移動平均線指標使用方法


MT5に標準のままでOKです。
「期間」が20だと使いやすいという説もありますが、これは日足でのはなしです。

【種類別に厳選】移動平均線タイプのインジケーターを25個ご紹介!

【種類別に厳選】移動平均線タイプのインジケーターを25個ご紹介!

ぱっと見だけでは、上昇・下降で色の変わる移動平均線です。 しかし、これ一本でほとんどの移動平均線をまかなえるほど様々なタイプの移動平均線を表示できます。 パラメーター設定画面 移動平均線の計算方法を選択 まず、パラメーター設定のAverage Methodのタブをクリックすると、38種類の移動平均線の計算方法の中から表示させるMAを選択する事ができます。 更にDouble smoothed ave

MAクロス型

AllAveragesCrossover_v1.1

移動平均線のクロスオーバーでサインの出るインジです。 この手のインジは他にもありますが、AllAveragesCrossoverは上位足の移動平均線のクロスも表示することが可能です。 下のチャートでは1時間足に4時間足のMAクロスとシグナルを表示させています。 現在では移動平均線のクロスオーバーでエントリーしている人は少ないかとは思いますが、上位足のクロスを見てトレンド方向を把握している人はそれな

Flet-blox

2本の移動平均線の挙動から、 相場が膠着している状態を教えてくれるインジ です。

2本のEMAを表示するインジです。 さらに、相場が停滞してくると、2本のMAの上下に黄色と橙色のラインも出現してレンジ相場であること示してくれます。 レンジ判定にはATRが使用されており、ボラティリティが低下したところでラインが出現するようになっています。 またこのインジはマルチタイムに対応しています。 下のチャートは4時間足に日足のFlet-bloxを表示させています。 マルチタイム機能を利用し

Averages ribbon 3

このインジが凄いのは、表示できるMAの種類が前述の「averages - mtf - alerts 9.1」と同じくらいに多いことが挙げられます。

2本のEMAのクロスを色で示すインジです。 EMAの2つの期間を設定し、ゴールデンクロスすると短い期間のEMAが青色に、逆にデッドクロスすると橙色に変わります。 2本のEMAのクロスをトレンド判断に使う場合には役立つと思います。 また、このインジはEMAだけではなくかなり多くの種類のMAに対応していたり、マルチタイムに対応していたりと機能も豊富です。 マニアックな移動平均線のクロスを利用してトレー

MAProfit

過去の相場から、MAのクロスオーバーシステムで一番勝てるパラメーターを自動で算出してくれるインジです。

移動平均線クロスオーバーシステム用のインジです。 移動平均線クロスオーバーの概念は古く、現在の相場ではパラメーターが固定された2本のMAで勝つのは困難とされています。相場の動き方は常に変わるからです。 しかしこのインジは、直近の相場から、移動平均線クロスオーバーシステムで最も利益を上げやすいパラメーターを自動で選択して表示してくれる面白い機能を持っています。 チャートにセットさせると、2本の移動平

複数のMA表示型

guppy_multiple_moving_averages

その名前の通りGMMAを表示するインジです。 GMMAは12本で形成されるEMA群で、相場のトレンドを視覚的に読みやすいメリットがあります。 GMMAを表示させるにはEMAを12本表示させれば大丈夫なのですが、1本1本設定していくのは面倒です。しかし、このインジを使えば一気にGMMAを表示させることが出来ます。 パラメーターの変更はできませんが、各EMAについて色の変更は可能です。 (上手くいかな

Averages GMMA

このインジは短期群と長期群の色分けはありませんが、各EMAの向きが変わると色が変わります。
また、EMAだけでなく多くのMAの種類に対応しており、マルチタイム表示も可能です。

移動平均線が上向きか下向きかで色の変わるGMMAです。 デフォルト設定だと上向きになると緑色、下向きになると橙色で表示されます。 GMMAは多くの移動平均線で構成されており、多少ゴチャゴチャとしますが、このインジを使えばトレンドの反転が分かりやすくなるかと思います。 このインジではGMMAの期間こそ変更できないものの、様々な平均の計算方法が選択できます。 (デフォルトはEMAです) 他にもマルチタ

GMMA button

12本のEMAを表示するGMMAをクリック一つでオンオフできるインジです。 チャート左上に表示されるボタンをクリックすることで、簡単にGMMAを表示させたり消したりできます。 GMMAは存在感があるため、ローソク足に注目しにくかったり、他の指標と組み合わせにくいデメリットもあります。 しかし、このインジでGMMAをオンオフできれば、これらのデメリットも解消できるかと思います。 パラメーター設定 (

Averages rainbow

前出の「Averages GMMA」よりも更に多くのMAを表示させることができるインジです。
最大で128本のMAを決まった期間の間隔で表示させることができます。

GMMAのように複数のMAが同時に表示されるインジです。 各MAは向きが変わると色が変わり、上向きなら緑色、下向きなら橙色になります。 視覚的に方向が分かりやすいのでトレンド方向を理解するのに役立つインジです。 デフォルト設定では10個のMAを表示するインジにすぎませんが、後述のパラメーター設定を変更することで、このインジの真価を発揮します。 パラメーター設定 Time frame このインジはマ

00-MA6_v101

インジ職人の00(ダブルオー)さんの開発されたインジです。 6本の移動平均線が表示され、それらがパーフェクトオーダーになったら移動平均線間のゾーンに色が塗られます。 上向きのパーフェクトオーダーであれば青色に、下向きのパーフェクトオーダーであれば赤色になります。 視覚的に非常によく分かりますので、パーフェクトオーダーでのエントリーはもちろんのこと、トレード開始前に相場のトレンド状況を確認したいとき

MAs_MTF_toggle_v1.3

左上のボタンを押すことでMAの表示をオンオフできるインジです。
最大で10本のMAを表示し、各MAの期間や時間足、種類等を自由に設定することができます。

チャート左上のボタンをクリックすることで、移動平均線の表示をオンオフすることのできるインジです。 デフォルト設定では1本のみのMAが表示されますが、最大で8本のMAを同時に表示させることができます。 以下が使用例です。 MAを参考にしながらも他の指標も見たい場合に簡単に切り替えられるので便利です。 また、このインジはマルチタイムに対応しています。 下のチャートは1時間足に日足や4時間足のMAを表示

GMMA-signal

自作インジです。 GMMAとシグナルを表示します。 GMMAは青色のEMAが短期群、赤色のEMAが長期群を示します。 シグナルのロジックは以下の通りです。 簡単に言えば、短期群と長期群のクロスでサインが出ます。 トレンド.

シグナル系

3 MA Cross with alert mtf 3.03

3本のMAが表示され、MAのクロスでサインの出るインジです。 サインの出方は以下の通りです。 短期線と中期線のクロス:ダイヤのシグナル 短期線と長期線のクロス:矢印のシグナル メインとなるのが短期線で、短期戦が中期線や長期線とクロスした時にサインがでるロジックです。 このインジはマルチタイムにも対応しています。 下のチャートは1時間足に4時間足の3 MA Cross with alert mtf

trend_MAcross

2本のMAがクロスする際に、ゴールデンクロスなら2本のMAが上向き、デッドクロスなら2本のMAが下向きの時だけにサインが出るインジです。

アダプティブ(適応型)移動平均(Adaptive Moving Average)


名前が長いので、英語を略してAMAとか呼ばれています。
アダプティブの意味が「適応」なので「適応型移動平均」という呼び方も。

MT4用のアダプティブ移動平均の入手方法

「MT4にないインジケータを導入する方法」

入手場所とチャートに表示させる方法

名前 アダプティブ移動平均(AMA)(適応型移動平均)
入手場所 MT5に標準装備
種類 トレンド系
英語表記 AMA(Adaptive Moving Average)
表示させる方法 MT4 abysseの「AMA.mq4」をダウンロード。
MT5「ナビゲーター」→「インジケータ」→「トレンド系」からチャート上にドラッグ

基本パラメータ設定


MT5に標準のままでOKです。
「期間」が20だと使いやすいという説もありますが、これは日足でのはなしです。

期間 9
シフト 0
短期EMA 2
長期EMA 30
適用価格 Close
スタイル 好きな色と太さにしよう!

アダプティブ移動平均の意味

アダプティブ移動平均とは

値動きの大きさで描く線を変えていく移動平均線ってかんじです。

アダプティブ移動平均の計算式


もう書き写すのは無理です(;^_^A
計算のなかで重要なのは、ボラティリティから導き出した数値です。
(ボラティリティとは値動きの荒さのこと)

アダプティブ移動平均の仲間

MT4上的移動平均線指標使用方法
アダプティブ移動平均 EMAのダマシを減らしたもの
カウフマンアダプティブ移動平均 カウフマンは作った人の名前です。アダプティブ移動平均と同じです。
フラクタル適応型移動平均作った人は違う。EMAがもとになっている。価格が急に動いたときはそれに合わせて動く
MESA適応型移動平均 作った人は違う。EMAがもとになっていて階段みたいな形になる。MAMAというのと合わせて使う。MT5やMT4にはない

アダプティブ移動平均の一般的な使い方

裁量トレードで使う

・トレンドがわかる。
・ゴールデンクロスとかデッドクロスとかが使える。(2本以上出す)

自動売買プログラム用に使う

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

アダプティブ移動平均でバイナリーオプションやってみた

で、たまたま平らになったアダプティブ移動平均の下に行ったローソク足が上に出られないみたいになっています。
レジスタンスラインっぽいですね。
「下」かな。
先はどうなるかわからないから、1分にしよう。

今回もハイローオーストラリアのクイックデモを使います。
最近、クイックデモができるところが少ないですね。

レジスタンスラインっぽいのが効いて、落ちていきました。

1分のバイナリーオプションで勝利です。

何時間足が使いやすい?

アダプティブ移動平均の総評・まとめ

アダプティブ移動平均における専門用語解説

アダプティブ移動平均・・カクカク動くEMAよりもダマシを減らそうと2乗とかして計算してがんばったやつ。
ゴールデンクロス・・2本の移動平均線が上向きに交差したときのこと。短期線が長期線を下から上に突き抜けたとき。買いのサイン。
デッドクロス・・ゴールデンクロスの反対。

MT4で移動平均線の設定方法・色分け・使い方を分かりやすく説明

バイナリオプションを初めておりますがうまく行かず勉強しておりました。
MT4 をダウンロードしました。して移動平均線は1本は有りますが、もう1本追加を考えています。ですが、スマホでしたら出来ないのでしょうか?
スマホでは、適用先はClose ではなく選択画面上では
終値、始値、高値、安値、中間価格、典型価格、終値価格を選択してタップ
するようになっています。
スマホではこちらは設定出来ないのでしようか?
もし、方法を選択出来ましたらアドバイスをお願い申し上げます

MetaTrader 4

MetaTrader 4 es una plataforma comercial para fórex, que sirve igualmente para analizar los mercados financieros y usar asesores expertos. Trading móvil, Las Señales Comerciales y el Mercado, todo esto es MetaTrader 4, y todo esto le será necesario para trabajar en el mercado fórex.

MetaTrader 4 para computadoras con Windows, Mac OS X y Linux. Y también para dispositivos móviles con iOS y Android.

Millones de tráders con las exigencias más variadas eligen MetaTrader 4 para realizar operaciones comerciales en el mercado. Independientemente de su nivel de preparación, la plataforma propone a los tráders las posibilidades más MT4上的移動平均線指標使用方法 amplias: análisis técnico avanzado, un sistema comercial flexible, trading algorítmico y asesores técnicos, y también aplicaciones para MT4上的移動平均線指標使用方法 el trading móvil.

Las Señales comerciales y el Mercado son servicios adicionales que amplian la funcionalidad de MetaTrader 4 hasta nuevos horizontes. Las señales permiten copiar de forma automática las operaciones de otros tráders. Y en el Mercado puede comprar robots comerciales e indicadores técnicos.